ORUCAgames

ORUCAgames画像

ブース概要

初めましてこんにちは、外鴨なきくと申します。「ORUCAgames」という名前のサークルやっています。過去のゲムマやエッセンシュピールで『最強ガキ大将No.1』『教会VSルティン・ルター』『NumberplaceCity』を出しました。新作のおててアーティストをゲームマーケット2020春に用意していましたが、ゲムマが開催自粛により延期となりました。この度のゲームマーケット2020秋に、ごく少数ですが持って行きます。

出展コメント

*現時点で持ち込める「おててアーティスト」は現在5個くらいです。→15個に増やしました(2020/11/1) タイトル「おててアーティスト」 プレイ人数・4~8人 プレイ時間・10~20分 対象年齢・6歳以上 このゲームは、不自由メッセージ伝達系の多人数パーティゲームです。 あなたのおててでアートを表現しましょう! テーブルに並べた複数枚のアートカード(アート作品が1つ掲載されています)の中から1枚がランダムに選ばれます。 手番プレイヤーは、選ばれたアート作品を、おててで表現します。 他のプレイヤーは、おててで表現されたアートカードがどれかを当てます。 見事に当てたプレイヤーと、当てられた手番プレイヤーは点をゲットします。 ただし、全員に当てられてしまうと、手番プレイヤーは点をもらえません! このゲームのキモは、大多数のプレイヤーにわかるように、でも全員にはわからないように、アート作品をおててで表現する点にあります。全員に当てられないために、どこを表現してどこを表現しないのか。答えではないアート作品に少し似せたり、ひねったり、工夫する点が、難しくも楽しいです。あと、手でアートを表現すると聞くと、最初は何でも表現できる気になりますが、実際にやってみると意外に自分の手が自由自在には動かないことがわかるでしょう。 また、相手のおててを見て、相手が何を表現しようとしているのかを考えるのも楽しいですね。このゲームをやると、人間はいろんなことを考えることがわかります。 今回採用したアート作品は、72種類。全て愛知県美術館所蔵の実際のアート作品となっております。 そして、お題であるアートカードがポストカードサイズなので、美術館や旅行先のお土産等のポストカードで勝手に拡張もできます! なぜか家にある、いろんなポストカードで拡張しましょう。

YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=mzw6V8tg6RA

新着ブログ このブースのブログ一覧へ

新着ゲーム このブースのゲーム一覧へ

新着デザイナー情報 デザイナー情報一覧へ